小顔手術を受ける時の病院選び【信頼できるクリニックを選ぶ】

サイトメニュー

施術により費用は異なる

顔に触れる女性

施術後は安静に過ごす

小顔整形は大きく分けて注射で出来るプチ整形とメスを使う大掛かりな施術の2種類に分けられ、費用もそれぞれ異なります。プチ整形は、脂肪溶解注射とボトックス注射があり、費用の相場は脂肪溶解注射が8000円から1万円、ボトックス注射が5万円から10万円です。どちらも施術時間が5分から10分と短い時間で終わるため、手軽にできる小顔施術として人気があります。ダウンタイムもなく、日常生活が制限されないため利用しやすいと評判です。メスを使う小顔施術は、脂肪吸引と骨削りが代表的です。脂肪吸引の費用の相場は10万円から20万円、骨削りの費用の相場は50万円から150万円となります。脂肪吸引は効果が大きい割にダウンタイムが短めだとの評判で、顔に脂肪がつきやすい人から高い評価を得ている施術です。骨削りは、費用も高額であるうえ施術時間やダウンタイムが長いものの、どんなタイプの顔にも適合する施術です。骨格レベルで小顔になれるため、満足度の高い施術として定評があります。小顔施術を受けた後の過ごし方は、施術の方法によって異なります。脂肪溶解注射やボトックス注射のようなプチ整形の場合、特に制限される行動はありません。ただ、ボトックス製剤は熱で分解されるという性質を持つため、効果が半減しないように入浴や飲酒などは避けるのが無難です。また、注射した部分を刺激すると内出血することもあるため、触ったりマッサージしたりするなどは避けましょう。脂肪吸引による小顔施術を受けた後は、術後3日程は腫れを引かせるためのバンドを装着して過ごします。バンドでの固定が終わると、硬縮が始まるのでマッサージを始めます。自然なフェイスラインを手に入れるために必要なので頑張りましょう。骨削りの施術を受けた後は、術後5日程は包帯での圧迫が必要です。この間の食事は流動食になり、安静にして過ごします。圧迫が終わってからも2週間から1ヶ月は痛みが残るため、保冷剤などで冷やしたり鎮痛剤を飲んだりして、痛みを軽減しながら回復させていきます。寝てばかりいると顔が腫れやすくなるため、できるだけ体を起こすようにするのも大事です。

Copyright© 2018 小顔手術を受ける時の病院選び【信頼できるクリニックを選ぶ】 All Rights Reserved.